2013年03月30日

ULTRASONE PRO900

円高の影響が出る前に色々買っておこう。
と言うことでnewヘッドホンも買いました。

現在メインで使っているHD650に不満はありません。
しかし不満がないからこそ変える必要があります。

不満が無いと言うことはつまりHD650の音に対して
疑問を抱けない状態に私の耳がなってしまっている。

曲を聴く用途でヘッドホンを使うならそれでいいけど、
曲を作る用途ならその状態は歓迎したくありません。

1年に1度は新しいリスニング環境を作るべきだよな。


・ULTRASONE PRO900

定価5万円クラスの密閉型ヘッドホン。
円高の内に…が目的だから輸入品がいい。

その条件の中で適当に選んでみました。

言うまでもなく購入前に視聴したりはしません。
私の耳と合わないヘッドホンが欲しいんだから。

で、早速購入して自作曲を聴いてみました。

なるほど…これがドンシャリか…。

今までドンシャリと言う言葉が理解できなかったけど、
このヘッドホンで初めてドンシャリを体感できましたw

pro900.jpg

イメージ画像を用意するとこんな感じです。

100以下や16kも強いけど16k〜の超高音域がすごい。
HD650ですら消える音まで拾ってくるのには驚いた。

DeEsser系統の処理をする時はこれでやるべきだな。

ただ私が持っている他のオーディオ機器と比べると
低音域高音域が異常に強すぎてバランス悪いから、
これメインでDTMをするのは止めた方がいいかも。

ついでだから他のオーディオ機器についても
イメージ画像を載せて感想を書いてみます。


・SENNHEISER HD650

HD650.jpg

250〜500の厚みを感じる音域が少し薄い気がする。
とは言え私のオーディオ機器の中では一番フラット。

まあ何を基準としてフラットなのかと言われると
大本の基準がなくて相対的にしか評価できないから、
一般的には全然フラットではないかもしれません。

PRO900みたいなドンシャリが実は一般的だとしたら
HD650は高音域低音域が弱いヘッドホンになってしまう。


・Roland RH-300

RH-300.jpg

逆に250〜500が厚めで超低音域高音域が少し薄い。

RH-300も人の評価を見るとドンシャリだと言われてるけど、
それは今までモニター用途の機器を持っていなかった人が
初めてそれに触れたからドンシャリと錯覚しただけなんじゃ。

低音域はともかく16k周辺はかなり弱めの気がします。


・FOSTEX PA-2

PA-2.jpg

中低音域が全体的に薄いのはウーハー前提だからかな?

とは言え60Hz周辺は結構目立って聞こえます。
低音楽器は目立つから局自体は薄く聴こえない。
posted by sakha at 20:56| DTM関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

konozama

konozama


Cubase版Vocaloidの扱いにも慣れてきたので
昔作った自作曲をリマスタリングしてみました。

と言うかミックス作業をほぼ0からやり直したから
リマスタリングと言うかリミックスが正しいんだけど、
リミックスと呼ぶと別アレンジを作ったみたいになる。

なんでアレンジ曲をリミックスって呼ぶんだろう…。

在庫ありの音楽本を買ったら数日後にキャンセルされたりと
最近も相変わらずkonozamaな状態をそこそこ喰らっています。

まあそれでも何だかんだで音楽本を買う時はいつもあそこだ。
posted by sakha at 19:56| 自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月23日

CMC−TPとCMC−AI

PCの修理は終わりDTMにも復帰できました。

ただ仕事が忙しい時期に入ってしまったので、
4月末くらいまでブログの更新はお休みします。

ジャズの勉強が中途半端なのが気持ち悪いw

PCの修理に時間を費やした分勉強が遅れて
仕事の繁忙期までに終わらなくなってしまった。

今日は最近買った機材の感想でも書きます。


・CMCシリーズ

Cubase7はトランスポートパネルが使いにくい、
と言うか時折画面から消えるからよく分からん。

その不満解消の為に前々から気になっていた
Cubase専用コントローラに手を出してみました。

買ったのはCMC−TPとCMC−AIの2個。

TPは言うまでもなくトランスポートの代用として、
AIはAIノブが面白く扱えそうで興味を惹かれた。

FDやPDあたりにも興味はあったんだけど、
実際に店頭で動かしてみたら微妙だったから
今回はとりあえず2個だけ買うことにしました。

と言うかこの2個を買おうとしたら店員さんに
UR22が新発売ですよ!一緒にどうですか!
とかアピールされて思わず苦笑してしまった。

Cubase専用コントローラに2万円出せるような人に
1万5000円のオーディオインターフェイス勧めるなよw

こう言う客に他のCMCシリーズの利点なんかを
さっと説明してくれるような店員さんだったなら、
私ももう1個くらい別のCMC買っただろうに。


・CMC−TP

導入してみたら想像以上に便利になりました。

トランスポートパネルとマウス操作を
同時に行えるのは便利な場面が多いです。

マウスで譜面やベロシティを書く作業中に
リアルタイムで再生停止が行えるのは嬉しい。

そして何よりプラグインやCubase外の別ソフトを
操作している時にも再生停止が出来るのが便利です。

これは手放せない機材になりそうだ。


・CMC−AI

こちらは逆に想像よりは便利ではなかった。

TPはマウスとは別に操作ができるのが利点だった。
AIは逆にマウスと別の操作ができないのが欠点です。

マウスでパラメータ選んだらそのままマウスで操作するよw

現状だとマウスではパラメータ操作の面倒臭い
一部のプラグインに使う位しか出番がありません。

ただ固定モードにすればマウス操作は不必要になるから、
そうすればTPと同様の利便性も出てくる気がします。

これを利用すれば別種のプラグインのパラメータを
同時にいじったりも出来るようになったりするのかな?


・総合

CMCシリーズ全般に言えることだろうけど、
実際に複数使ってみるとコードが邪魔すぎます。

全部をUSB接続するだけでもかなり面倒だし
それ以上にコードまみれになって見た目が悪い。

他製品と綺麗にくっつくような構造でもないから、
仮に6台全部揃えたら酷いことになるような気がw

1〜2台程度を購入するのが無難だと思います。

○○の機能を操作できるコントローラが欲しい!
と言う明確な目的がある人にはお勧めできる製品。

Cubaseを便利に操作したい!と言う漠然とした目的で
購入する場合は他のコントローラの方が良さそうです。
posted by sakha at 11:46| DTM関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月08日

実践ジャズ技法を適当に勉強してみる(3)

インプロヴィゼーションの技法は改めて学ばずとも、
作曲経験のある人にはお馴染みの手法かと思います。

音楽理論の専門家ではない演奏者が編み出した
旋律の作曲を簡単に行う手法がインプロだから、
同じくアマチュアで作曲を趣味にしている人も
自己流で似たような手法を使っているはずです。

アルペジオの1音を別の音に変える手法なんかは
勉強せずとも自分で閃いた人も多いんじゃないかな?

だから作曲経験のある人には改めて学ぶことは少ない。
ただまあ一度はこの手の勉強をしておくのも悪くないかな。


・テーマ

前回までの勉強で即興演奏ができるようになりました。

ただ即興演奏を何も考えず延々と続けるだけだと、
何と言うかまとまりのない演奏になってしまいます。

通常の楽曲と同じく即興演奏の場合であっても、
"サビ"となるような特定のメロディが必要になる。

その特定のメロディを便宜的にテーマと呼びます。
(古典音楽理論で言う動機=モチーフと同じ意味)

自由に即興演奏をしつつも時折テーマを挟むことで
演奏全体に一貫性が出て音楽らしい(?)演奏になる。

テーマとすべき旋律はどんなものでも構いません。

アルペジオ等で自由に作った旋律を採用してもいい。
モチーフのように特定のフレーズを借りてきてもいい。


・テーマのリズムチェンジ

テーマはただ繰り返すだけでは面白くない。
と言うことで色々と改変するのが一般的です。

まず一番やりやすいのはリズムを変えること。

テーマのリズムを改変する
テーマのリズムを2倍or半分にする
テーマの開始位置を変える

主に使われる手法は上記の3つ。
具体的にはこんな感じになります。

テーマ  ド・・・/レ・ミ・/ファ・ソ・/・・・・/
改変例1 ・ドレ・/・ミファ・/・ソ・・/・・・・/
改変例2 ド・レミ/ファソ・・/
改変例3 ・・ド・/・・レ・/ミ・ファ・/ソ・・・/

どれも分かりやすい手法だと思います。

この手法では旋律の流れは全く変化しません。

コード進行を跨いだ状態で使わない限り
どんなチェンジをしてもルールは守れます。


・テーマの音高チェンジ

続いてテーマの音高を変える手法を学びます。

テーマのメロディを装飾する
テーマのメロディを移高する
テーマのメロディを全て変える

具体例は下記のようになります。

テーマ  ド・・・/レ・ミ・/ファ・ソ・/・・・・/
改変例1 ド・レミ/レ・ミ・/ファミソ・/・・・・/
改変例2 ソ・・・/ラ・シ・/ド・レ・/・・・・/
改変例3 ラ・・・/ソ・レ・/ド・ソ・/・・・・/

改変例1は前回学んだ装飾方法を使うことで
テーマの合間合間に別の音を挟む手法です。

改変例2は全体の音を○度動かす手法。

テーマを繰り返す際にコード進行に合わせて
自然とこう言う改変をすることも数多いはず。

改変例3はリズムだけはテーマと一緒なものの
メロディは全く別物になっている改変パターン。

リズム自体に特徴があまりない上記のような例だと
テーマの変奏だと気付かれない場合もあるから注意。


・テーマの追加と省略

テーマは追加と省略をされることもあります。

エクステンション  =テーマの追加
フラグメンテーション=テーマの省略

具体例は下記のとおり。

テーマ ド・・・/レ・ミ・/ファ・ソ・/・・・・/
エクス ド・・・/レ・ミ・/ファ・ソ・/ラシドレ/
フラグ ・・・・/レ・ミ・/ファ・・・/・・・・/

エクステンションは通常のテーマに加えて
別のメロディを前後に付け加える手法です。

テーマの装飾と違ってテーマ自体は変奏しない。

フラグメンテーションは逆に一部を省略して
テーマの一部分だけを演奏する手法になります。

これはその一部分が印象的なメロディでないと
テーマの変奏に聴こえない場合もあるから注意。
posted by sakha at 23:58| ジャズ音楽理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月05日

実践ジャズ技法を適当に勉強してみる(2)

私のメインPCが先日お亡くなりになりました。
と言うことでしばらくDTMはできなくなります。

サブのPCでブログの更新や情報収集はできるから、
曲は作らずに音楽理論の話だけを続けることはできる。

ただ私は曲を作る為に勉強してるわけだからなw

しばらくは音楽理論の話だけを続けますけど、
早い内にDTMをする環境も取り戻したいです。


・簡単な即興演奏

メロディ作成時の基本ルールは先日勉強しました。
しかし基本ルールだけでメロディを作るのは大変。

ましてやジャズの場合は即興演奏が主流になります。
ルールを考えつつ次の演奏を考えている余裕はない。

と言うことで前回学んだ基本ルールを踏襲しつつ、
深く考えずとも問題のないメロディを作曲できる
様々な即興演奏の手法がジャズでは使用されます。

今日はその手法を学んでみましょう。


・アルペジオ

ローワーコードトーンだけを演奏する手法です。
Cmaj7ならドミソシの4音だけで演奏する。

ローワーコードトーンは自由に使用できる音だから、
この音だけで演奏すればどんな旋律でもOKです。

ジャズのみならず全ての音楽ジャンルにおいて、
作曲初心者が最初に手を出す作曲手法でしょう。

それ故に作曲中級者程度の人には馬鹿にされがちな手法。
とは言え一番手軽に使える作曲手法としては便利です。


・4音スケール

ローワー3音とそれ以外の1音で演奏する手法。

ローワー3音+アッパー1音の組が一般的です。
ローワー3音+ノンコード1音も稀にあるかな。

Cmaj7なら例えばドミソ+レなんて感じになります。
この4音をアルペジオのように自由に使用して演奏する。

ローワー以外の音を1音しか使わないとすると、
その音はほぼ刺繍音か経過音になってくれます。

ドミソレの場合は例えばド→レ→(下行)ソとすると
刺繍音でも経過音でもなくなってしまいますけど、
これくらい無茶な跳躍をしない限りルールは守れる。

アルペジオ同様ほとんどルールを無視できる上に、
ローワー以外の音が旋律に入るから面白みが増す。


・ペンタトニック

ローワー3音+アッパー2音の組み合わせ。

順次進行と跳躍進行のバランスが良くて、
演奏の簡便さと音高の多彩さが両立している
即興演奏の世界では一番多用される手法です。

これもルール違反の配置が出ることは少ないから、
無茶な跳躍をしない限りは自由に演奏が可能です。


・モチーフ

複雑な構造だけどルール違反にならない、
様々な旋律を事前に考えて練習しておく。

即興演奏と言うには少し微妙な手法ですw

とは言えジャズの即興演奏ではこれも一般的。

即興時に使える旋律をどれだけ練習しておくかの
旋律の語彙(?)の豊富さがジャズでは求められます。

これはまあ色々な曲を聴いたり楽譜を見たりして
自分自身も語彙を高めていくしかないでしょう。

モチーフを中心に演奏しつつ何も思いつかない時は
ペンタトニック等の他の簡便な手法に逃げるのが、
ジャズの即興演奏で一番無難な対処になるらしい。


・フリー

ローワーアッパーノンと言う概念を気にせず
自由に音を演奏する手法をフリーと呼びます。

この時には経過音や刺繍音のルールも無視して
全ての音を自由な順番で演奏して構いません。

ルールを守りつつ全ての音を自由に使うのは難しい。

だから音を減らそうと言うのがアルペジオ系の手法。
事前に覚えたパターンだけ使おうと言うのがモチーフ。
ルールを破っちゃえばいいだろというのがフリーです。

どれも一長一短だから時と場合によって使い分けられる。
posted by sakha at 20:49| ジャズ音楽理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする