2013年05月20日

名曲で学ぶ対位法

音楽の勉強を再開する前に準備運動として、
適当に音楽本を読んでレビューを書きます。

今日読むのは【名曲で学ぶ対位法】音楽之友社。

古臭い教科書だらけになっている対位法の中で
久しぶりに新しい教科書が出たみたいなので、
発売当時から機会があったら読む予定でした。


・概要

様々なクラシック曲を題材に対位法を学ぶ教科書。

と言っても全音符や二分音符対旋律を学ぶ段階で
例としてクラシック曲は出しようがないでしょうw

対位法を学ぶ部分は他の古臭い教科書と同じように
全→二分→四分→移勢→華麗の流れで進んでいきます。

じゃあ『名曲で学ぶ』とはいったいなんなのか。

と言うと実はこの教科書では対位法以外も学びます。

対位法の前に旋律の勉強として跳躍進行や非和声音を学び、
対位法の後には模倣やカノン等の応用手法が語られます。

後者はともかく前者は全く対位法と関係ないだけに
この教科書の特徴であり私が褒めたい所でもあります。

対位法の前に旋律の書き方を教えるのは理に適ってる。

内容も一般的な対位法の教科書と比べて遜色ない出来で、
文章も新しく読みやすいので教科書としてはかなり良い。

ただ唯一の問題点は不用意に和声学の話題を出しすぎなこと。
対位法を学ぶ時点の人にTDSDとか借用和音とか言うなよ…。

そこそこの音楽知識があること前提に書かれているので、
これを読む前に高度な楽典or初歩の和声学程度の本は
読んでおかないと多少読むのが苦痛になるかもしれません。

そこさえ直してくれればお勧め教科書なんだけどなぁ。


・感想

"副旋律"の勉強はかなり珍しい内容だと思った。

対旋律、つまり主旋律と同等の性質をもった旋律ではなく、
あくまで主旋律に対して"副"の役割しか持っていない旋律。

要するにオブリガートやフィルインのことです。

内容としては数ページで終わるし面白い話題もないけど、
対位法の教科書でこんなのを説明すること自体が面白い。

カノンのようにパズル要素を突き詰めていく方向性の他に
パズルに囚われずに自由に楽曲に対位法を取り入れる方向性。

後者の視点を入れているのがいかにも現代の教科書って感じだ。
posted by sakha at 22:21| 音楽理論関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

最近買った音源の練習作置き場

4月末くらいまでブログの更新を休むと以前書いたけど、
残念ながら5月末くらいまではこの状況が続きそうですw

まあ頑張って出来る限り早期に復帰したいな。

それはそれとして暇潰しに曲を作る余裕はあるので、
引き続き最近買った音源の練習曲を作ってみます。


お前それアバンナでも同じ事言えんの?


KAITO V3で英語VOCALOIDは面白い!と思ったので
http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=36921
発売記念に安売りしていたAVANNAを買ってみました。

ぶっちゃけると私この手の萌えを間違えた的な
女性キャラクターがかなり好みなんですよねw

cryptonのキャラより断然萌えるだろう。

それはそれとして今みたいな時間も余裕もない時期に
下手に頑張って曲を作ると迷走して意味不明になるから、
むしろ適当な方が無難な仕上がりになるんじゃなかろうか。

と言うことで何も考えずに曲を作ってみました。
いくらなんでももう少し頑張るべきだったんじゃw


pray for good weather


http://www.minet.jp/pianoteq/pianoteq4
これはもう半年くらい前の話だけどPianoteqを買いました。

私は物理モデリング式の音源を買ったのはこれが初めてだけど、
軽くて軽快に動く割には音が生々しくてかなり使いやすいですね。

変な話だけど生音を録音した音源よりも生の音に聴こえる。
まあ録音が挟まっていないから当たり前と言えば当たり前か。

現実の楽器に拘りのないDTMerの人にはお勧めできる音源です。

まあそんなPianoteqでピアノソロ曲を作ってみました。

ピアノソロと言うといつも私は短調にしちゃうから
今回はあえて長調メインにして作風を変えてみました。

自分でも(頑張れば)ピアノで弾ける程度の難易度を
テーマにして作ってみたけど、1ヶ所だけ無理そうだ。

C4→C3→F3→F4の16分ってピアノ弾ける人なら捌けるんだろうか?


TribeTanz


Cubase追加音源の内唯一未購入だったTriebwerkを買いました。
これでCubase追加音源はコンプ。と思ったらまた新しいの出てるなw

Triebwerkはまあ他のCubase追加音源と似たキャラですけど、
テーマが無いからより純粋にクラブっぽい音色が揃っている感じ。

それと声ネタやボコーダーネタが色々あるのも特徴ですね。

と言うことで今回はTriebwerkの音以外を禁止して
声ネタ系のクラブサウンド的なものを作ってみました。
posted by sakha at 18:19| 練習作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする