2013年06月09日

対位法とフーガ講座

ジャズの勉強を再開しようとしてみたものの、
時間を空けすぎて全部記憶が飛んでしまったw

これはもうまた最初から勉強するしかなさそうだな。

幸いリハーモナイズ以外の勉強は全て終わってるので、
ジャズは一旦終了して別の勉強をすることにします。

それはそれとして今日も音楽本のレビューを書きます。
今日読んだのは【対位法とフーガ講座】ケルビーニ著。


・概要

和声学を既に学んでいる人向けの対位法の教科書です。

歴史的にも難易度的にも和声学>対位法になるから、
和声学を前提とした対位法の教科書は結構珍しい。

連続5度8度とか対斜とか和声学で学ぶ用語については
何の説明もなく出てくるので初心者が読むのはきついかな。

ただし和声学を知っている人なら分かりやすく読めるかも?
用語の説明がなく難易度も高いもののまとめ方は上手いです。

それとこの教科書で特筆すべきなのは模倣の勉強があることかな。

カノンとフーガを勉強する対位法の教科書は数多いものの
模倣についてページを割いて勉強する対位法の本は少ない。

まあ模倣と言う単語から何となくどんな音楽技法か想像はつくし、
実際にインベンションの楽譜を見たり曲を聴いたりしていけば
なるほどこう言うものが模倣なのかと理解できることではある。

ただ文章で説明してくれるのはそれはそれで嬉しいよな。


・感想

連続5度8度や対斜はなぜ駄目なのか。

この禁則を教えない教科書はまず無いと言っていい。
しかしなぜ駄目なのかを答えてくれる教科書は少ない。

この教科書は私が読んだ古典音楽理論本の中では
この疑問に一番真面目に答えてくれた本でした。

連続5度はなぜ駄目なのか。

ド→レ(→ミ→ファ#)
ファ→ソ(→ラ→シ)

長音階で完全5度を延々と続けていくと、
どこかで必ず上の音が音階から外れます。

仮に上の例でファ#まで完全5度を続けないとしても、
連続で5度を続けると人間の耳はその先を想像して
音階外のファ#の音を感じてしまうから不協和になる。

この理屈に納得できるかどうかはさておくとして、
単に駄目だから駄目と言われるよりは面白いです。

なぜ並行5度も駄目なのか。
なぜトライトーンは駄目なのか。

この辺の疑問に対する答えもなかなか面白かったので、
こう言う話に興味のある人は読んでみると面白いかも。

ただやっぱり和声学を学んだ人向けの本だな、これは。
posted by sakha at 00:13| 音楽理論関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする