2015年03月08日

2015年2月に読んだ本の感想

【諸民族の音楽を学ぶ人のために】
世界思想社 櫻井哲男 水野信男編

難易度(★☆☆☆☆)
お勧め度(★★☆☆☆)

民族音楽を学ぶにはその地の風土や文化を含めた
民族そのものを学ぶ必要があると言った論調の本。

その論調が正しいかどうかはさておくとして、
少なくともこの本ではそれが正しいとされます。

従ってその地の風土や文化の勉強が大半になって、
音楽の話は少なくなるので音楽的には面白くない。

風土や文化も含めて民族音楽を勉強したい!
と言う人にはお勧めしても良い教科書です。

逆に言うとそうでない人にはお勧めしません。


【オーディオ道入門】
青弓社 編集部編
 
難易度(★☆☆☆☆)
お勧め度(★★☆☆☆)

オーディオに拘っている様々な人のコラムを集めた本。

"オーディオに拘っている"はずなのに音響関係の知識はなく
比喩的な表現だけでオーディオの良し悪しが語られていきます。

久しぶりにお勧め度★1を付けようかと思いましたw

ただ唯一「ロックとオーディオ」のコラムを書いた著者は、
音響関係の知識が深くないことを自覚しつつも自分なりに
良いオーディオ環境と言うものを考えていて好感が持てます。

その著者には好感を持ったのでおまけしてお勧め度は★2。



【わかりやすいオーディオの基礎知識】
オーム社 加銅鉄平著

難易度(★★★☆☆)
お勧め度(★★★☆☆)

オーディオ機材や音の性質等を物理学的に解説しています。

音楽理論的な難易度は皆無と言っていいんですけど、
高校数学の知識が必要になるから別の意味で難易度が高い。

ただまあ物理学的な数式は読み飛ばしても面白い本です。
オーディオ機材はよく分からんと言う人は読んでみるといいかも。
posted by sakha at 14:11| 音楽理論関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする