2014年12月14日

2014年11月に読んだ本の感想

【VOCALOIDforCubase 公式完全マスター】
ヤマハ 藤本健著

難易度(★★★☆☆)
お勧め度(★★★☆☆)

VOCALOID、Cubase、そしてVOCALOID for Cubase。

3ソフトの説明が収録されているある意味ではお買い得な本。
ただし逆に言うと表題のソフト以外の余計な話が多い本です。

VOCALOIDやCubase本体の勉強をしたいのであれば、
他にもっと参考になる本が沢山発売中ですので、
あえてこの本を手に取る必要はないかと思います。

VOCALOID for Cubaseを勉強したい人にはお勧めですけど、
他のソフトの説明部分を邪魔に感じてしまうこともあるかも。

DTMの基礎知識があることを前提としている本なので、
完全初心者の人は手を出さないように注意しましょう。

まあ完全初心者はVOCALOIDforCubaseに手を出さないと思うけど…。


【音楽療法のための即興演奏ハンドブック】
音楽之友社 若尾裕・岡崎香奈著

難易度(★★★☆☆)
お勧め度(★★★★☆)

音楽療法(音楽によるセラピー)を行うにあたって
ピアノでどのような即興演奏をするかの教科書です。

作曲とは無関係なようでいて扱う内容が地味に濃く、
作曲者としても参考になる点が多いのでお勧めの本。

特にモードについてはその辺の音楽理論書よりも
明快に必要性を説いていて非常に勉強になります。

モードの話が普通に出てくるくらいの難易度はあるので注意。


【装飾音…西洋音楽と日本音楽における比較…】
信山社 小笠原勇美著

難易度(★★☆☆☆)
お勧め度(★★★☆☆)

クラシックの楽譜に記載されている装飾音記号を解説する前半部分と、
それを日本音楽に取り入れたら便利じゃね?と提案する後半部分。

前半と後半は正反対の流れですけど、どちらもそこそこ面白い。

ただ惜しむらくは大きなテーマが2個もあるのにページ数が少ないこと。
もっと詳しく知りたかったのにどちらも中途半端で終わってしまいます。

テーマを一つに絞ったら良著になり得ただろうに残念です。


【作曲の技法バッハからヴェーベルンまで】
音楽之友社 小鍛冶邦隆著

難易度(★★★★☆)
お勧め度(★★☆☆☆)

著名な作曲者と著名な楽曲の分析だけで話が終わってしまい、
その根源にあるものは分析されない典型的な音楽鑑賞者向け本。

また日本語の難解(古臭いではなくただ難解)な表現が多く、
かなり読みにくくなっているので難易度は★+1としました。

音楽作曲者としては無理に読む必要はないでしょう。
posted by sakha at 20:01| 音楽理論関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月02日

2014年10月に読んだ本の感想

予告通り週1冊程度のペースで本を読んでいますけど、
ブログで記事にするほどの良著には出会えなかったな。

と言うか本の内容をネタにして雑談するならtwitterの方が良さそうなので、
書評は基本的にtwitterで書いて一月に1回ブログでまとめることにします。

もちろん良著に出会ったら話は別です。


【初歩から始める!作曲の本】
西東社 小川悦司著

難易度(★★☆☆☆)
お勧め度(★★★★☆)

本当の初心者が読むと少し難易度が高いかもしれません。
楽典程度の内容は理解しておけば気軽に読めるはずです。

いわゆる一般的なポップス音楽理論はほぼ全て説明してくれるし、
実例として00年代JPOPの有名曲を挙げてくれるので理解しやすい。

値段も考えるとお勧め度は★5になってもおかしくないレベル。

唯一の難点は目新しい部分があまりないところかな…。

既にポップス音楽理論をある程度勉強している人だと、
知っている内容ばかりで面白くないかもしれません。

中級者以上にはあまりお勧めできないから★−1。
楽典卒業程度の人には本当にお勧めできる本です。


【なるほどベース理論ゼミナール】
リットーミュージック 宮脇俊郎著

難易度(★★☆☆☆)
お勧め度(★★☆☆☆)

題名を見るとベースの音楽理論を学ぶ本に見えますが、
実際はベースを"使って"音楽理論を学ぶ本になります。

ベースを使うだけで内容は普通の音楽理論なので注意。

音楽理論上ベースがどう言う立ち位置なのかと言った
ベースならではの考え方すらほとんど出てきません。

誤解を招きそうな題名なのでお勧め度は★−1しました。

ベースを使って音楽理論を学びたい、と言う人にはお勧めできます。


【知識ゼロからはじめるボーカロイド作曲講座】
 BNN新社 竹内一弘/10日P著

難易度(★★☆☆☆)
お勧め度(★★★☆☆)

知識0と言う割には少々難易度の高い本です。

題名どおりVOCALOIDを使用して作曲することが前提になるので、
VOCALOIDを使いたい人にはお勧めだしそうでなければ不要です。

前者の人にはお勧め度★4で後者の人には★2かな。

余談ですけど10日Pと言う人の話は全体の4分の1程度しかないので、
この人のファン(?)のような人は少し期待外れになるのかもしれません。


【響きの科楽】
早川書房 ジョンパウエル著

難易度(★★☆☆☆)
お勧め度(★★★☆☆)

音楽コラム風に書かれた音響学の本です。

かなり軽い口調で雑談風に話は進んでいくものの、
管弦楽や音響学についてはそこそこ詳細に勉強できる。

暇潰しに読んでみると勉強になるかもしれません。

音楽素人でも読めるように楽譜さえほとんど使っていない。
と本書の中で著者自身はこの本をそう紹介していますけど、
楽典程度の知識はあった方が読みやすいかと思います。
posted by sakha at 20:31| 音楽理論関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月28日

初歩から始める!作曲の本

書評ブログに変わりますと宣言しておいて
書評の更新も止まったら流石に笑えないので。

週1冊のペースで音楽理論本を読んでいくことにします。

とは言え読んでみたものの記事として書くほどでもない
微妙な内容の本も多いので、更新頻度は月1〜2回かな?

読んだけど微妙だった本の感想はtwitterで書いておきます。

今日読んだのは【初歩から始める!作曲の本 小川悦司著】。


・概要

初心者〜初級者向けの音楽理論の教科書です。

とは言え借用和音やSDM、テンションまで話は進むので
完全初心者には少々レベルの高い教科書と言えるかな。

楽典程度の知識は事前にあった方が良さそうです。

一般的な初級者向け音楽理論の教科書と比較すると、
この本は一貫して曲作りを目的としているので読みやすい。

コードを学ぶにしてもこのコードは曲にどんな効果をもたらすか、
実例を挙げて説明してくれるので実戦的な音楽理論が勉強できます。

実例もほぼ全てが2000年代のJPOPなので親しみやすい。

個人的にはかなりお勧めの音楽理論の教科書です。


・感想

音楽を作る上ではほぼ必須と言っていいレベルの事項なのに、
なぜか音楽理論本では説明されない項目と言うのは結構多い。

特にメロディ関係に関して説明不足が多いです。

メロディの作り方を説明せずにどこが作曲の教科書なのか、
と突っ込みたくなるんですけどなぜかそんな教科書が多い。

この本はメロディについてもしっかり説明しているので好感触。

また『リフ』や『ハモり』なんかについても説明されています。

リフやハモりは音楽理論的にはコードの亜種なので、
音楽理論を説明する時にはまず間違いなく無視される。

ただ実際に曲を作るに当たっては必要な知識なんだよな。

この教科書はそう言った音楽理論的には価値が薄いけれど
実戦ではよく使う項目についての説明がかなり多いです。

と言うことで作曲を目的として音楽理論を勉強する人にはお勧め。
逆に言うと作曲目的ではなくて音楽理論を勉強する人には勧めません。

そう言う人も案外多くて、そう言う人向けの音楽理論本も多いから
作曲やりたい初心者の人が挫折する原因になっちゃってるんだよな…。
posted by sakha at 14:08| 音楽理論関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月23日

ブログ内容の分析と今後の方針について

このブログの更新を停止してもう2年が経とうとしています。

仕事が暇になったら更新再開しますとは言い続けているものの、
いつになったら仕事が暇になるのかは全く予想が付かない状況。

このまま更新停止状態を続けるのは色々な意味でもったいないので、
仕事が暇になったらではなく、仕事が忙しい中でも更新できるように
このブログの今後の方向性について見直しを行ってみたいと思います。


・アクセス数による分析

このブログのアクセス数は現在のところ月15,000PV程度です。
更新停止して完全放置している割にはそこそこアクセスがある。

どのページのアクセスが多いかと言うと音楽理論と書評が半分半分。
%で分けると音楽理論45%・書評45%・その他10%と言う感じです。

このブログでは対位法・和声・管弦楽・現代音楽・ジャズ・日本音楽等
様々な音楽理論を扱っていますけど、どれもアクセス数は似たようなもの。

特定の音楽理論のページだけ人気が高いと言ったことはない。
あえて言うなら日本音楽のページは少しだけ人気が高いかな?

書評についてはブログトップからリンクを張っている
【読んだ本の評価と感想】ページの人気が非常に高い。

このページはそこそこ他の人の役にも立っている気がするので、
完全放置ではなく随時内容の修正や追加を行っていきたいです。

その他10%のアクセスはいわゆる時事ネタ的なアクセス。

新発売のソフトをレビューするよ!とか、
佐村河内さんの指示書を読み解くよwとか。

この手のアクセスは時事ネタの記事を書けば書くほど増える。
ただこのブログに求められているのはその方向性ではないはず。


・今後の方針

仕事が忙しいと音楽理論の勉強はできないと言うのが前提条件。

つまりアクセス数の半数を占める音楽理論の記事は書けない。
となると必然的に残り半数の書評の記事が中心になります。

と言うことでようやく結論に辿り着きましたけど、
これからこのブログは書評中心のブログになります。

音楽理論を勉強する過程で副産物として書評を書くのではなく、
書評を書くことを目的として音楽理論本を読んでみようかと。

手段の目的化になってしまってあまり良くないんですけど、
仕事とブログの更新を両立させるにはこれしかなさそうです。

もちろん仕事が暇になったら音楽理論中心のブログに戻る。


・おまけ

時事ネタ的な話はこのブログの方向性とは違うものの、
私個人としてその手の話をしたい時は多々あります。

またアクセス数から考えると需要はまるでないんだけど、
私個人としては曲を作っている時間が一番楽しいのでw
今後も自作曲については公開を続けていくつもりです。

ただこの2つについてはおそらくこのブログには不要な記事。

現在のブログの状況がまさに問題点を露呈しているんですけど、
新着記事が自作曲の公開と時事ネタ記事で埋まってしまっていて
ブログの主流である音楽理論や書評の記事がTOPにないんですね。

この2つはこのブログではなく別の場所でやるべきじゃないかな?

最近仕事の関係でtwitterを始める必要性が出てきたので
https://twitter.com/sus4add7
音楽ネタや雑談についてはtwitterを使おうかなと思ってます。

いやと言ってもすぐに飽きるかもしれないけどw

まあよりよい方向性を目指して色々と試してみましょう。
posted by sakha at 22:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月16日

組曲『白い飛び羽根』

毎年七夕月間には七夕曲を作る。

と決めていたものの残念ながら昨年は作れませんでした。
昨年の今頃は本当に余裕がなかったので仕方ないことです。

http://sakha.seesaa.net/article/358746456.html
まあ↑の2曲目はもちろん七夕を意識して作ったので、
昨年作った七夕曲はこれだと言うことにしておきます。

さて、では今年の七夕曲は何を作ろうかな。

前回組曲を作ってみたら独特の面白さがあったので、
今年のテーマは組曲『白い飛び羽根』としてみました。

古来から七夕には7をテーマにした7種類の歌を詠むと言う風習があります。
私もそれに習い今年は7をテーマにした7種類の白い飛び羽根を作ってみましょう。

7曲作る前に秋が来そうだけど気にしない。


No.1-introduction for 7 polyphony


1曲目のテーマは7声対位法。

最初から最後まで白い飛び羽根のイントロを演奏する1声に、
残り6声が順番に加わってそして順番に離れていきます。

白い飛び羽根のイントロはある程度進行が固定されてしまうので、
ベースラインに思われる声部が実はベースラインではないと言う
引っ掛けを多用してコードが変わっているように見せかけています。

まあとは言っても個人的には最初から最後までコード進行は同一のつもり。


No.2-framework of seven beat-


2曲目のテーマは日本流七拍子。

まあ一言で説明すると三・三・七拍子の七拍子のことです。
西洋音楽理論で読み替えるなら"7拍"がテーマになる。

全音符2分音符4分音符8分音符16分音符32分音符、
付点や変則リズムも加えて様々な7拍を曲中に仕込みました。

白い飛び羽根の歌詞って7文字ごとに区切ると厨二的かっこよさがある。

それが原点だったので当然のごとく歌ものになったんですけど、
いざ歌ものにしてみると7文字絞りがきつすぎて歌詞が足らない。

と言うことで七文字七夕曲の元祖である(?)きらきら星さんの力を借りることにしました。


No.3-native rhythms to Altair-


3曲目のテーマは7連符リズム。

一般的な3連符リズムを6/8拍子と表現するなら、
この曲は14/16拍子、あるいは28/32拍子と言える。

まあ拍子で考えると非常に難しくなるんですけど、
単純に言えば1拍が7等分されているだけの曲です。

1拍を7等分すると音符1個の長さは28分音符になる。

28分音符を2個並べると14分音符になります。
3個並べると…えーと、9.3分音符になるのか?

この曲はあえて単純な4拍子に聴こえるようにしています。

しかし曲中で使っているのは上記のわけのわからない音符なのでw
4拍子は4拍子だけどかなり摩訶不思議なリズムに聴こえるはず。

7連符リズムはネタ音楽理論のようでいて、
実際に使ってみると案外有りのような気がした。

14分音符は16分と12分両方の性質を持った素敵な音符。

あとおまけとして、この曲はコード(?)進行の方でも
"7"と"白い飛び羽根"を意識したネタ進行をしています。

この進行を七夕ソナタと名付けたい。


no.4-white jump down-


4曲目のテーマはBPM77。

折り返し地点と言うことでまったりとBPM77の曲を作ります。

低速曲を作るに当たって一番避けたいのが倍取りされること。
BPM154の曲に聴こえてしまっては何の意味もなくなります。

そこで今回は対抗策として付点リズムに頼ってみました。

○○○/○○○/○○この8分音符3-3-2のリズムを中心にすることで、
BPM77の8分音符をBPM154の4分音符に倍取りしようとしても
5拍目に強拍がないからBPM154の曲として成立しにくくなります。

これならBPM77の8分がBPM154の4分と取られる可能性はないはず。

蛇足ですが題名のdownは下降ではなく羽毛の意です。

最初はwhite jump featherにしようかと思ったんですけど
jump↑down↓の縦ノリ(?)的面白さを優先することにしました。


no.5-Stairs of the feather-


5曲目のテーマは7小節。

一般的な楽曲は大抵8小節を一組として作られています。
しかし今回の曲はあえて7小節を一組としてみました。

一組7小節の楽曲を作る方法は大別して2種類ある。

8小節目と次の1小節目を重ねてしまう手法と、
4小節/3小節と不揃いな二組に分ける手法です。

前者の方法は通常の作曲手法を流用して作成できるものの、
常に1小節目が先行入力されるから忙しない雰囲気になる。

後者は本来一組の部分を二組にするから普段の倍手間がかかる。
しかも本来一組の部分が二組になるからこれもこれで忙しない。

この曲は後者7割・前者3割程度で構成されています。

1小節減ることで忙しなくなるのはどうしても避けられないから、
むしろそれを逆手にとってこの曲は構成も忙しなくしてみました。

白い飛び羽根の本来のAメロ部分の後半をBメロにしてしまい、
本来のBメロをサビにして本来のサビをアウトロにしました。

サビが始まる頃にはもう曲が終わっていると言う忙しなさ。

ただ白い飛び羽根はBメロがイントロになっている珍しい曲なので、
今回のようにBメロをサビ化した方が自然に聴こえないこともない。


No.6-Hydrangea otaksa-


6曲目のテーマは七和音。

ここで言う七和音は七の和音(7thコード)ではなく、
三和音四和音の仲間としての七和音を意図しています。

つまりドレミファソラシを全て同時に鳴らす和音と言うこと。

七和音の欠点はまあどう頑張っても不協和音になることと、
音階の構成音を一度に使ってしまうからコード進行ができない。

七和音だけで曲を作ろうとしたらきっと滅茶苦茶な曲になる。

…と、思ったんだけど。

結果的には七和音と歌と雨音だけのしっとりとした曲になりました。
作る前の自分の想像と正反対の方向に進んでいって面白かった。

七和音だから本質的にはほぼワンコードといっていいです。
もしコード進行を感じるならそれは根音や転回の力でしょう。

ちなみに上で触れたとおりこの曲は雨をイメージしています。

こう言うとさらさカッターで成敗されそうですけど、
個人的には雨の七夕もそれはそれで美しいと思う。


No.7 -7/7-

7曲目のテーマは7拍子。

このブログの題名的にやはり7拍子は外せません。

最初は7分の7拍子をテーマにしようかと思ったけど、
白い飛び羽根を尊重して7/4+7/8+変拍子としています。

組曲の主題的に7曲目は白い飛び羽根を最大限に尊重したかった。


今回の組曲のテーマは白い飛び羽根であり"7"なんですけど、
組曲全体を通しての主題は『七夕暦での一年間』となります。

No.1 七夕終了直後
No.2 秋
No.3 冬
No.4 1月6日(七夕から一番遠い日)
No.5 春
No.6 梅雨
No.7 7月7日

1曲目から4曲目中盤までは七夕から遠くなっていくので
白い飛び羽根要素が細かく分割され段々と薄れていきます。

4曲目中盤からは一転して段々と白い飛び羽根要素が強くなる。
折り返しの4曲目は特に意識的に前半と後半の曲調を変えています。

なぜこの主題を選んだかと言うと前回組曲を作った時の反省点から。

最初にやりたいことをやってしまうと後半戦で飽きると言う反省w

この主題にすれば七夕に到達するまで(7曲目まで)の曲は
白い飛び羽根要素を全力で使えず自ずと七夕パワーが落ちます。

結果として7曲目に全力を注ぎ込むことができる。

と言うことで7曲目は全力で白い飛び羽根リスペクトです。
全力すぎてBPMが40くらい増えましたが仕方ないことです。
posted by sakha at 07:07| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする